タロット翻訳 青月マオ ブログ
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
とっても女子会!

体調もすこぶる宜しくなってきたので、女子会をして参りました。


今回は、素材一つ一つが安全、かつ美味しいと評判の六本木農園です。


初めての来店なので、
『六本木農園のこだわりを贅沢に味わいつくす!』
と書かれていた【旬をまるごと満喫コース】をチョイス


乾杯は、期間限定だというトマトジュースで。


● 三陸の海の恵み 雲丹のワンスプーン
三陸・宮城県女川から届く新鮮な雲丹に、阿蘇「豆の匠」の豆富と黒酢のジュレを合わせました。
そっと口に流し込み、雲丹本来の優しい味わいと素材が織りなす香りのハーモニーをお愉しみください。


ウニ!大好きです!!ツルルンと食べられました。
お嬢様方のお口にちょうどいいサイズでしたが、青月的には
「もっとー!もう2口くらい〜\(^o^)/」
という感じです。


● ウェルカムベジタブル〜ある農園の風景〜もろみの温製ディップソース
農家さんから直送の新鮮な野菜を、畑に見立てた器に盛りこみました。
"はつかり醤油"でおなじみの、「松本醤油商店」のもろみを合わせたディップソースとともにお召し上がりください。


まずは何も付けずに野菜のみをかじります。味濃い!
野菜にディップソースを付け、さらにオカラで出来たパン粉的なものををまぶして食べるのですが、これまた美味!!
野菜が無くなっても、オカラパン粉をモシャモシャオツマミにしていました。


● 土遊野の鳥の巣リゾット 上野さんのアスパラガスとともに
富山県の里山に広がる土遊野(どゆうの)農場の景色をイメージした一皿。
棚田米の香ばしい焼きリゾットとおかひじき、温泉卵を鳥の巣に見立てて。
栃木県「農援団」上野さんのアスパラガスが彩りを添えます。

---
※写真失念
---
生のアスパラガスは、初めて食べました。甘かった!
卵アレルギーの方が食べても大丈夫だという卵から作られた温泉卵と、香ばしいライス、そしておかひじきのシャクシャクが気持ち良い食感です。


● 隠岐島の岩牡蠣 ライムの香り
島根県隠岐島より届いた新鮮な岩牡蠣に、ライムの泡をそっと浮かべました。海のミルクと呼ばれる岩牡蠣の瑞々しく濃厚な旨みを、ライムの爽やかな香りが引き立てます。

生牡蠣も好物です!!
まさか牡蠣が食べられるなんて思いもよらなかったので、嬉しさ倍増。
甘くてトロリンで幸せ…。


ここで、赤ワイン(山梨のメルロー&カベルネソーヴィニョン)投入。
体調が悪く、ずっと控えていたので1週間ぶりのワイン!
身体に染み渡ります。
…と同時に、お口も滑らかになってきて女子会も盛り上がります。


● 〜岩城島からの贈り物〜 レモンポークとまるごと檸檬の蒸ししゃぶ
グランシェフ比嘉が、"青いレモンの島"で知られる愛媛県岩城島を訪れた時の感動をお料理に込めました。
古川さんが作るレモンと、島特産の"レモンポーク"を使った蒸し鍋は、素材の旨みが濃縮され、食べた瞬間肉汁と爽やかな香りが口の中いっぱいに広がります。


レモンポークが美味しかったのはさることながら、周りで一緒に蒸されていたレモンの甘みがすごかった!
下のアミを外すと豚骨スープが静かに佇んでいらっしゃいまして、そこに海ぶどうやらモズクやらゴボウなんぞをしゃぶしゃぶして頂きます。
海ぶどうって、軽く熱をかけるとよりプチプチ感が強くなるんですね!


…とここまで食べて、かな〜りポンポンMAX。
ですがっ!


● 土鍋ごはん 初鰹の漬けをのせて
土佐高知の新鮮な鰹を自家製醤油だれで漬けにしました。有田焼の土鍋で炊いた艶やかごはんにのせ、新生姜などの薬味とともにお召し上がり下さい。
---
※写真失念
---
白米!ご飯の締めとは思えないくらいの厚みのある初鰹!
お腹いっぱいなのが勿体無いくらい、美味しかったです。
我侭を言えば
『腹ペコの時に、生卵かけてジャッ!と食べたかったね〜』
…というのが本音の(ちなみにALL肉食系)女子達でした。


● べにふうき紅茶 初夏のデザート三種
沖縄県・比嘉さんが作る無農薬のべにふうき紅茶を、見た目も味わいも全く異なる三種のスイーツにアレンジしました。
涼しげなジュレが初夏の訪れを感じさせます。


デザートは別腹…なのですが、私自身病み上がりもあってか、本当にお腹いっぱい!
(※苦しいと言いながらも、先に出た白米を2杯おかわりしてしまっている白米大好き中年です。)
ひんやりジェラードが、火照った身体に染み渡ります。
全体的に、甘さは大分控えめ。


4時間ぶっ通しでおしゃべりに花が咲きました。
その中でも、ラストシンデレラというドラマの話で盛り上がりました。
…って私は仕事の関係上見られていないのですが、皆のキュンキュン話を聞きながら有り余る妄想を膨らませ、いつかDVDを借りて見ようと決意するくらいに洗脳されました。
三浦春馬さん演じる、年下の彼役がとても良いらしいですね。


年下の彼…と言えば、私は斎藤工さんが気になるのですが、皆様はいかがでしょうか?



| わたくしごと | - | - |
スポンサーサイト
| - | - | - |